• ホーム
  • 男性型脱毛症って遺伝は関係する?

男性型脱毛症って遺伝は関係する?

髪の毛に悩む男性たち

男性が悩まされることになる頭髪の薄毛の原因の一つとして男性型脱毛症という病気が挙げられます。
これはテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが体を循環する中で、頭皮にある5αリダクターゼという酵素と反応し合い、こうして分泌されたDHTという物質が頭髪の成長サイクルを乱し、抜け毛を促進させていくのです。
この男性型脱毛症を発症させる原因はまだ完全には解明されていませんが、あくまでその中の一つとして遺伝というものが考えられています。
よく親が薄毛だと子供も薄毛になりやすいと言われますが、そのことは遺伝子情報と密接な関わりを持っています。
そもそも男性と女性とでは遺伝子情報が異なります。男性はXYとなり、女性はXX。そして二人が結ばれて子供が生まれると、男の子は父親が持つYと母親が持つXとを掛け合わせてXYの遺伝子が形成されます。
この時の母から受け継いだXに男性型脱毛症を発症する情報が含まれているのです。
そのため、男性型脱毛症は母方の血筋で起こりやすいと言われています。
例えば自分の母方の祖父や母の兄弟などに薄毛の人が多いと、その人も同じ遺伝子を受け継いでいますので発症する可能性が高まると言えるでしょう。
ちなみにこのXの遺伝子を女性が受け継いだとしても、そもそも女性の体には男性ホルモンの含有量が少ないので、ホルモンと頭皮の酵素が反応して男性型脱毛症を発症するリスクは極めて低いものとなります。
また、これらは基本的なことに過ぎず、中には父親が薄毛で子供も薄毛に悩まされるというケースもありますので一概には言い切れません。
そのため、あくまで一つの目安として、もしも血筋的に男性型脱毛症を発症する可能性があるのであれば、できるだけ早いうちに医療機関を受診して薄毛の治療薬で対策を講じることで悪化を食い止めることができるはずです。

サイト内検索
人気記事一覧