• ホーム
  • 男性型脱毛症のタイプと薬名を知って手に入れる治療薬

男性型脱毛症のタイプと薬名を知って手に入れる治療薬

男性型脱毛症はジヒドロテストステロンが頭皮に高濃度で存在してしまうようになることで発症するものとされる男性に多い疾患の一つです。
ジヒドロテストステロンは男性ホルモンとよばれるテストステロンから生成されるため、ホルモンバランスが男性ホルモン側に偏っている男性に多くなるのが必然的となっています。
そのタイプにも大別すると二種類があります。
一つが前髪の生え際から徐々に脱毛が進行していくことでおでこが広くなっていくM字脱毛とよばれるタイプです。
鏡を見る習慣があればだんだんと進行していく姿がわかるため、比較的気づきやすいものとして知られています。
もう一つが頭頂にあるつむじの辺りから脱毛が進行していくものであり、O字脱毛とよばれるタイプです。
自分ではすぐに気づかずに人に指摘されてわかるという場合もありますが、頭髪を洗っている際に触った感触で髪が薄くなってきているということに気づく人も多いのが特徴です。
M字脱毛とO字脱毛が同時に進行していくタイプの場合もありますが、進行の仕方としてこの二つが特徴的なのが男性型脱毛症です。
もし男性型脱毛症が原因で薄毛になってしまっている場合には病院で発毛治療を行うことができます。
薬名としてプロペシアと名付けられているフィナステリドを有効成分として含む薬やロニテンと名付けられているミノキシジルを含む薬があります。
これらの薬はいずれも内服薬として使用されますが、ミノキシジルはリアップとよばれる外用の発毛剤もあり、薬局で直接購入できることから高い人気を集めています。
しかし、内服薬についても薬名を知っていれば通販で海外から個人輸入をすることも可能であり、手に入れることは難しくありません。